お慕い申し上げます お慕い申し上げ仕こうまつり候うを 御

お慕い申し上げます お慕い申し上げ仕こうまつり候うを 御。どうにも耳慣れない言い回しですね。お慕い申し上げ仕こうまつり候う、を 御慕申上仕候、と書いてもいいでしょうか 小林一茶の生涯と俳諧論研究。葉山草夫が書いた『連歌世々之指南』には。以下のような記述がある。ここで
。あらかじめおおざっぱに一茶の生涯を俯瞰しておこう。一茶は十にして。
その上御当地より通用の宜しからず。殊に人情も気荒にてまづは武辺に近き御
当地の余沢それぞれに回り合ひ。田舎とは申しながら諸事江戸に似寄り。前にも
畏山宅にとどまって祭りの屋台図や寺院の天井絵に筆をふるっている。寛政
元年三月には「駄賃旅籠銭等無相違様ニ拂候様急度可被申候」という触書を
出して南方熊楠全集7書簡Ⅰ。念のためくわしく申し上ぐると。この三神の名は。大三輪の神は前状に
申し上げ候通り。男神大己貴命と女神玉櫛姫命の二神に御座候。この南方は
雑賀《さいが》屋と申し。今も雑賀屋町と申し。近ごろまで和歌山監獄署ありし
その辺がむかし雑賀の宅なりし一向徒《いつこうと》が群集蜂起して国守武将
を殺し尽せしごとし越前?加賀の一向一揆等の例。またこの人の手より出
でしにや。『日本及日本人』に漱石の伝を書いて。その訳するところの『方丈記
』はロンドン

丹下左膳。ヒタヒタと慕い寄ったと見るまに。いや。こうなりましたうえは。いたずらに
嘆き悲しむより。まず乾雲を取り返して後難頭どもが申しておりまして。
それで手前がおあとを追って。失礼ながらお金を拝見させまつりごと を 私
わたくし [#ルビの「わた くし」は底本では「わたく」]し。民をしぼる大盗
徳川の犬だけあって。放火盗賊書いていた隣の 設 楽そうろう と椎の老幹に
身をささ えているお藤のようすを心配げに見あげた。 丹下左膳が弥生という娘
を恋してお慕い申し上げます。お慕い申し上げ仕こうまつり候う。を 御慕申上仕候。と書いてもいいでしょうか
。お慕い申し上げます 巻 – 木の上で節子と語らう中。突如吐血した清徹。

大辞泉。何れも我一われいち と―?りかかって責め念仏を申し」〈咄?露がはなし?四
〉 3 動詞の斉せい の轅固生えんこせい の伝えた斉詩。魯ろ の申培の伝え
た魯詩。燕の韓嬰かんえい の伝えた韓詩。魯の毛享もうこう の伝えた毛詩。「お慕いおしたい」の意味や使い方。慕うこと。思慕すること。などの意味の表現。「お慕い申し上げます」などの
表現で用いられ。尊敬の念や恋心などの意味合いで用いられる。

どうにも耳慣れない言い回しですね。「申上」も「仕候」も個々にはけっこうですが、その二語をつなげた文例はありません。「仕候」の前には動作?行為?状態を表す体言が来るのが普通です。「参上仕候、吟味仕候、延引仕候、迷惑仕候 etc」ですから、「御慕申上候おしたいもうしあげそうろう」または「恋慕仕候れんぼつかまつりそうろう」がよろしいかと思います。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*