ご葬儀について 葬儀の事前準備について… 親戚のAさん男

ご葬儀について 葬儀の事前準備について… 親戚のAさん男。経験がないからわからないし不安。葬儀の事前準備について…
親戚のAさん(男性?今月末で満100歳)の家族の行為について、疑問があります 数か月前までAさんは畑仕事も行い、普通に自転車に乗ったりしてまだまだ元気だったのですが、1か月ほど前から急に食欲も落ち、ここ最近は自宅で寝たきり状態が続いています
Aさんは自宅介護という形をとっており、急変したとしてももう病院で治療はしないそうです
とは言えまだ意識もしっかりあり、体調の良いときは起き上がって会話もできますし、頭の方も全くボケたりしていません

それなのに、同居している家族(特にAさんの息子の嫁Bさん)は色々準備を始めているようです
私の祖父母はここ数年の間に二人とも亡くなっているために、父母は葬儀やその後の段取りについて理解しています
しかし、Aさんの奥さんもまだ健在なため、Bさんはその家に嫁いできてから一度も葬儀を経験していません
ですから近頃よく我が家を訪れ、父母に質問しては必要なものを借りていき、着々と進めているようです
その中には親戚一同が集まった時のために、すでに茶菓子まで用意しているとか…

庭先や家の中の普段あまり掃除しないとろこを少し綺麗にしておくとか、その程度のことなら何となく分かります
ですが、今から葬儀に必要な物やその手順などを繰り返し確認している様子は、どうかと…
自宅の仏壇周辺も整えているようで、Aさんやその奥さんはもしかしてその事を知っているのではないかと考えると、ゾッとしてしまいます

小さい頃からその家族にはお世話になっており、特に私の父にとっては繋がりも深いですから我が家から余計な口出しはできないのですが…

こういった行為は、当たり前のことなのでしょうか 新型コロナウイルスの感染拡大が危ぶまれる今。今回は。首都圏並びに地方の葬儀社の皆さんに新型コロナウイルスへの対策
について。お電話でお話を伺いました。尾上正幸さんは「新型コロナウイルス
に対する消費者の不安は月末の段階ですでに現れていた」と言います。 月の
それ以外の葬儀社では対応を準備中であったり。特定の故人の場合のみ対応する
といった場合も少なくありません。将来に備えて。葬儀の事前相談 いい葬儀
会員なら さらにお葬式葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!

ともかのお葬式が初めての方へ。その一度のご葬儀をただの葬儀社としてではなく。「家族のきずなを大切に」を
心掛け。お客様のために尽くします。ともか会員についてさんの場合 喪主
さま。さん 歳会社員 故人さま。歳病院でお亡くなり 備考。歳のご
高齢で友人もお亡くなりのお通夜をなくし。告別式だけをご家族?親戚のみの
少人数で執り行うプランもおすすめです。 一日葬イメージ 代男性この予期
せぬことも。事前に準備をしておくことで。心労や費用が大きく変わってきます
。早く申込めばどんどんお得な早割。早割を申込まれたご本人。ご家族。ご親戚。三親等までの方のお葬式で早割を
使用することができます。 ※お申込み件につき。お人様のご葬儀まで有効です
。 三親等とは?

葬儀に関するコラム。もくじ ?法要とは?法要の種類?三十三回忌の法要?法要の準備?法要の
案内文例?神式の法要?キリスト教の法要 法要とは法要は。葬儀以後の仏法
に関する集会のことで。法事。仏事。斎会さいえともいいます。本来は仏教
の教えを葬儀の事前準備。生前から葬儀について考えることの大切さは。今では多くの人に認知されてい
ます。 万が一の際に慌てず対応ができるよう。できることは事前に準備しておく
ことをお勧めします。 準備 葬儀内容の相談備えておきたい葬儀の事前準備
についてご紹介します 生前から葬儀ご親戚などの意向を知っておくことで。
もしもの時に意思の食い違いによるトラブルを防ぐこともできます。 事前相談を
する

ご葬儀について。「会葬者の人数は?」など。非常に多くのことを短期間で決定することは心身
ともに大きな負担となります。大切な方のもしもという時に慌てることなく。
故人を偲ぶ気持ちを反映した葬儀が行えるよう事前に準備しておくとよい

経験がないからわからないし不安。事前に準備をして失礼のないようにしたい。そんな気持ちはわからなくもありませんが、それを人に気付かせてしまってはかえって評価を落としてしまいます。日本は葬儀の香典は新札ならばわざわざ折るような国ですから。Bさまが質問者さまと質問者さまのご家族を信頼しているからこそそういった姿を質問者さまと質問者さまのご家族だけに見せているのかも知れませんが、誰にでもそういった姿を見せてしまっているのなら不快に思われている親族もいらっしゃるか知れませんね。昔は年寄りからぼつぼつ心しておくようにと言われた嫁は結構いたのですよ、特に旧家やお門多いと言われる家ではね。よく大往生でめでたいと言われる葬儀があります、Aさんの場合はまさしくそれです。ただこのように批判されるかもしれないと思わなかった点は失敗です、私なら実家の親族に聞くけれど。慌てて棺に入れなかったことを何年も悔やんでいた人やアンタがしっかりしてくれないからと親族のいる法要の場で姑に言われた人もいますから彼女の気持ちも十分理解できます。Aさんも若い時に準備するのをは見聞きしていたはずですが。あたりまえではないですが、私も去年施主を経験したのですがとにかく忙しいです。悲しみに暮れる暇もないほどです。それを考えると、非常識にはならないかな。準備万端にして、きちんと送り出すというのもいいのかも。当たり前ではないですが現実はそんなものだと思いますけどね????恐らく医師から覚悟しておくように言われているのかもしれません。例え元気に見えても実際は深刻な状況なのかも。100歳で大往生ですし準備が出来るということは逆に良いことですよね。キチンと送り出してあげたいということだと思うのです。冠婚葬祭は少し失礼や失敗があれば文句を言われがちですし。実の息子等より嫁の方が冷静に行動して貰えるので有難いと思いますよ。現代ではお金を出せば葬儀社が全てやってくれますが、しきたりが多い地域なら準備が必要なのでしょう。そんな人もいます。あなたが口を挟む事も気にする事もない。でも、普通は亡くなられてからでも、十分間に合うと思うがね、変な嫁。死ぬの待ってるみたい。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*