アッカド語 ベヒストゥーン碑文でローリンソンが アッカド

アッカド語 ベヒストゥーン碑文でローリンソンが アッカド。少し違います。ベヒストゥーン碑文でローリンソンが アッカド系楔形文字を解読した後、 彼はそれをもとにハンムラビ法典に 書かれたシュメール語の楔形文字 を解読した という流れで 大丈夫でしょうか アッカド語。シュメール系楔形文字の一種で,アッカド語の表記に用いられた文字の総称。
アッカド楔形文字ともいう。のベヒストゥン碑文磨崖碑文が,ヘンリー?
ローリンソンによって 年に再発見され,利用された。楔形文字。メソポタミア文明の最初の担い手であったシュメール人が。紀元前3100年頃
。粘土板にくさび形の文字をきざみはじめた。したアッカド人は。セム系の
アッカド語を使っていたが。文字を知らなかったため。シュメール人の楔形文字
を借用した。人のグローテフェントが着手し。19世紀なかごろ1847年
にイギリスのローリンソンがベヒストゥーン碑文の解読に成功して可能となっ
た。

青山貞一?池田こみち。当初はエラム語の碑文のみでしたが。壁画像を追加する段階でアッカド語と古代
ペルシア語の碑文も増補されたと見られています。古代ペルシア語は近代歴史
学史上。初めて解読された楔形文字の言語です。世紀。ヨーロッパからの旅行
者がペルセポリスを訪れたことによって楔形文字が再それをもたらしたのが
イギリス軍武官のヘンリー?ローリンソンによるベヒストゥン碑文の解読でした
。楔形文字。楔形文字 粘土板に葦や金属の筆記具で刻んだ文字の形からこの名称がある。
メソポタミア文明の礎を築いたシュメール人によって創始と呼ばれる当時の
外交文書が出土しているが。そこに刻まれた文字も。当時の国際語であった
アッカド語を記した楔形文字であった。ペルセポリス碑文が解読されたことで
楔形文字解読の突破口が開かれ。ローリンソンがベヒストゥン碑文によって解読
に成功した。

古代オリエント。アッカド人 シュメール人の都市国家を征服し,前世紀ころメソポタミア最初の
統一国家を建てたセム語系民族の名称は何か。ローリンソン イギリス
ベヒストゥーン碑文をもとに,楔形文字の解読に成功したイギリス人学者は誰か

少し違います。>ベヒストゥーン碑文でローリンソンがアッカド系楔形文字を解読まずベヒストゥーン碑文は、アケメネス朝時代の碑文であるため、楔形文字であっても、古代ペルシア語の文章が書かれていました。楔形文字は、シュメール語を表現するために生み出されましたが、その後、さまざまな言語を表記するために使用されていました。これは、漢文中国語を記述するために生み出された漢字を、日本語を表現するために使用していることと同じだと思ってください。ちなみに、ベヒストゥーン碑文もロゼッタストーンと同じように複数の言語が併記されていました。古代ペルシア語?バビロニア語=アッカド語?エラム語の三種類でした。ローリンソンが、古代ペルシア語から解読に成功できたのは、ペルシア語が印欧系の言語であり、彼の時代にある程度の言語的な研究の知識があったからでした。つぎにローリンソンが解読にチャレンジしたのはエラム語の文章でした。最初は、何語かすら分からないところから、手探りで解読していったようです。そして、最後に残ったセム系の言語バビロニア語で書かれた文章の解読が行われました。この段階では、ローリンソンだけでなく、さまざまな言語学者が解読にいどんでいきました。解読の材料となった楔形文字も、メソポタミアで発掘されたものが次々と利用されるようになりました。アッシリア時代の粘土板などが研究対象になったため、古代オリエント史の研究を、アッシリア学と呼ぶようになりました。アッシリア帝国時代の言語は、アッシリア語というのですが、アッシリア語をはじめとしたセム系の言語をまとめるときアッカド語と呼ぶことがあります。これは、古代メソポタミアの歴史の中で、アッカド人以降もセム系の民族が活躍したのですが、彼らはアッカド語を公用語のような形で受け継いでいたからでした。アッカド人が滅びた後も、アッカド語だけは生き残っていたのでした。>ハンムラビ法典に書かれたシュメール語ハンムラビ王は、セム系アムル人アモリ人になります。彼らも、実はアッカド語を使用していました。そのため、ハンムラビ法典にはアッカド語の文章が記録されていました。ちなみに、シュメール人が衰退した後も、シュメール語はメソポタミアの支配者たちに、古典語として受け継がれました。ただし日常で使用していたわけでは無いようです。我々に置き換えれば、高校で古典や漢文を学習するような感覚と同じだったようです。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*