エボラワクチン エボラの治療薬の開発が何年か前の大流行の

エボラワクチン エボラの治療薬の開発が何年か前の大流行の。1.RNAウイルスだから、ころころ変わるので難しい2.取り扱いが大変でP4施設でないと扱えない。エボラの治療薬の開発が何年か前の大流行の時まで、ほぼ進まなかったのは

流行地域がアフリカのの限られた国だった そして、その国のほとんどが内戦も頻発して、経済的に貧しかった エボラウイルスの取り扱いがとても大変で危険

苦労して薬を作っても、資金を回収できる可能性が低かった(製薬会社にメリットがあまりなかった)

以上が主な理由ですか エボラワクチン。水疱性口内炎ウイルスを元にエボラウイルスの糖蛋白質遺伝子を挿入し
て作製された組換えウイルスワクチンで。マウスにおける防御効果は既に年
以上前に報告されている。西アフリカでのエボラウイルス病大流行で新型コロナウイルスのワクチン開発。エボラ出血熱の治療薬開発にまつわるの経験は教訓として引きあいに出さ
れることが多い。同社は種類のワクチン開発に数年を費やしてきた。ところが
~年に大流行したエボラ出血熱が終息に近づいてき

新型コロナ出現は不可避。年代末以降。感染症の世界的大流行が避けられないことははっきりしていた
。政府や本部で日間の会議が開催され。科学者グループは世界が直面して
いる最も恐ろしい感染症の中で特に注意すべき疾患は何かを議論した。さらに
。これらのウイルスの治療薬やワクチンの開発は進んでおらず。危険がはっきり
と目の前にあることを指摘した。パンデミックのリスクについて。政府の指導
者や科学者はさまざまな点で年前よりはるかに準備ができている。エボラ熱「治療可能」か。エボラ出血熱がアウトブレイク大流行している同国では昨年月から。
アメリカの国立アレルギー感染症研究「-」と「」は共に。
エボラ出血熱から生還した患者の抗体を使って開発され。エボラ

1.RNAウイルスだから、ころころ変わるので難しい2.取り扱いが大変でP4施設でないと扱えない。P4は世界で数施設しかないし、今年、日本にようやく届くかそれでもなんかすったもんだしている。HIVなんか、私が昔、遊んでいたウイルス学講座レベルでも扱えた。HIV治療薬の研究から、B型肝炎、C型肝炎の治療薬の開発が一気に進んだ。このようにエボラの研究で新しい治療薬ができれば他のウイルス治療にも応用がきく事が多いので、罹患者が貧困地域だろうとあまり関係ない。患者が少なすぎるのが原因かと、100人以上の流行って数回しか起こってないんだから研究も進まんかと。しかも大抵が山奥とかで流行が起こてるし。2014年の西アフリカの大流行でようやく1000人以上感染者が出たんだから、それまでは検体の入手スラ困難だったかと。RNAウイルスにより引き起こされている疾患ですから、対処療法ではなく、原因にアプローチする治療自体が難しいのです。HIVウイルスや、インフルエンザウイルスなどの事例もイメージしやすいのではないでしょうか。これらのよく知られた疾患に対しても治療薬が出てきたのもごく最近ですよね。エボラ出血熱については、有望なワクチンや抗ウイルス薬が開発されてきていますから期待ですね。それは先進国から見たらそうだと思います。まして一般企業の製薬会社が見返りがない新薬開発などに手をつける訳がないです。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*