コールサインの改変 米駐留軍人達が使用していたアマチュア

コールサインの改変 米駐留軍人達が使用していたアマチュア。tad********さん。米駐留軍人達が使用していたアマチュア無線コールサイン、プレフィックス KAで始まるコールサインは誰が何処で承認していたものでしょうか 日本の電波法上どの様な判断になるのでしょうか また、現在もこのKA で始まるコールサインは存在するのでしょうか コールサインの改変。駐留米軍のがのに, ? , 日本人局の再開を前にの米
軍属がのに, ? しての変更. 実験局のコールサイン
の数字で「,」の使用が禁止されたため.年月日,「東京
逓信局」が次の二つに分離したカッコ内は管轄。 「東京都市となった.
によると,切替時期は日本人によるアマチュア無線の再開目前の年
月.米駐留軍人達が使用していたアマチュア無線コールサインプの画像。

総務省。-。昔使っていたコールサインに変更したいのですが? -。上級資格を
取得しました。無線機の変更が無い場合はそのまま等で運用してもよいの日本のアマチュア通信の歴史と世界の現状。に結成され始め たアマチュア無線組織の代表が集合して国際的な同盟で化
から僅か 年 の間に私設実験局が免許された人は特筆に値することで あった.
次に問題になったのは,当時割り当てられた実験局と してのコールサインが,
ワシントン条約で国際的に国別使用周波数。, ,, ,,
通信内容。駐留する米兵の中にも多数のアマチュアがおり,
これら の米兵と日本の米軍の放出したジャンク通信機や,真空管などの部品
が 売られ,

tad********さん こんにちは。以下のリンクによれば、Auxilliary Military Radio Stations AMRSにKAプリフィックスが与えられたとあります。与えたのはUS Army とFCCでしょう。KA局は1970年代には14や21MHzなどのアマチュアバンド内でフォーンパッチやSSBでKA局同士や米国本土との直接交信をしていましたが、一般のアマチュア局ではない軍に属する局であったことからアマチュア局との交信は禁止されていました。私も沖縄やフィリピンから出ていたKA局を、これらのバンドで聞いたことがあります。1978年からはKAのコールサインをアマチュア局に割り当てており、現在では普通にアマチュア無線に使われています。今となってはKAのプリフィックスを聞いて昔のAMRS局を思い出す人もわずかと思います。ご参考まで。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*