トランプ流ディール外交の裏の事情 トランプさんのディール

トランプ流ディール外交の裏の事情 トランプさんのディール。今回のは優遇をやめたという話で、経済制裁ではないのと、後に利益があるのでやっていると思います。トランプさんのディールとは違い韓国への経済制裁は日本に何の利益をもたらさないのではないですか トランプ流「ディール外交」の裏の事情。日程が決まった後も米韓合同軍事演習やトランプ政権の一方的な核廃棄要求に
反発した北朝…北朝鮮はアメリカの圧力や国連の経済制裁をものともせずに核
と大陸間弾道ミサイルの開発を進めて。ついには「米全土を射程に収め
た」と宣言した。アメリカと対話の用意がある」と言い出したのは金委員長で
あり。文在寅韓国大統領との南北首脳会談の前には「核実験の中止」ついに
天皇陛下が最後通牒?小室圭さんはすべてを記者会見で説明すべきだ“トランプ再選”が日本にとっては経済面で有利か。徹底比較トランプ大統領とバイデン氏。それぞれの勝利で日米関係はどう
変わるのでしょうか。

政策比較。黒人などマイノリティーへの政策を多く打ち出し。人種間の経済や教育の格差を
無くすために幅広の投資を行うとしている。ことし月。中西部ミネソタ州で
。黒人のジョージ?フロイドさんが警察官に首を押さえつけられて死亡した。分
秒間。首を圧迫され特に鍵となる日本。オーストラリア。韓国との同盟関係
をさらに深めていく。だが年月の会談でビッグディールを迫るトランプ
大統領に対し。キム委員長が制裁の解除を主張して事実上。物別れとなり。
年なぜトランプは対イラン戦争に踏み切れないか。タンカー攻撃。米軍無人機撃墜とイラン側の挑発が続く中で。トランプ大統領の
対応が揺れ動いている。月号『東日本大震災から年 「想定外」の
災害にも“揺るがぬ”国をつくるには』ひととき月号『板谷由夏さんと行く――
長崎。言い換えれば。トランプ政権は当初から。イラン核合意離脱と経済制裁
再開により。イランのロハニ体制弱体化を図り。国土はイラクの倍。人口
規模もイラクの万人に対し。万人とケタ違いの大きさだ。

「米韓同盟廃棄」カードを切ったトランプ:日経ビジネス電子版。トランプ大統領は米国東部時間の午前時日本時間同日午後時ごろ。北朝鮮
から戻った政府専用機の横で会見しました。 記者から「何が最も誇らしい成果か
」と聞かれ「これ人奪還もそうだが。非核化できればそれがドナルド?トランプ米大統領に関する特設ページ:朝日新聞デジタル。共和党ドナルド?トランプ氏 不動産業を営む父親の事業を手伝い。大学
卒業後。本拠地となる「トランプ?タワー」をニューヨークの五番街に建設。
米バイデン政権。初のロシア制裁 欧州と足並みそろえる 会員記事
時分密かに進む。日本企業の買収構想 中国を駆り立てる教訓 有料会員記事
時分「デジタル分野の核兵器」急ぐ中国 桁違いの計算能力
会員記事中国とのディールの陰に「貿易将軍」 関税交渉で成果 有料会員記事

今回のは優遇をやめたという話で、経済制裁ではないのと、後に利益があるのでやっていると思います。他にも、造船など、韓国が補助金を出してダンピング輸出をやってきた部分も、徐々に排除されて、更に中国を経済的に弱めることで、結果的に欧米日本の製造業をテコ入れしようとしているのだと思います。いままで優遇したり、目溢しして、パイを分けていた部分を、取り返す作戦に見えるので、安全保障を除けば、地方経済がよくなる可能性もあります。EUもアメリカも、資本を韓国から引き上げつつあるので、日本も、それに乗るのだと思います。たぶん、欧米と示し合わせているので、損になるようにはしないと思います。げんに、半導体は、韓国優遇廃止直後にアメリカ企業の日本工場の拡大など、示し合わせないとありえないニュースが出ており、今後も同様の事が起こる気がします。仰るとおり。これが外交音痴の安倍総理の無能ぶりです。 日本政府の措置は、長期的にはブーメラン効果で日本企業に痛みを強いる愚策です。韓国がすぐにギブアップして、なおかつ安心して日本製品に再び依存するという選択をするなら、大きな悪影響は出ないかもしれません。でも、そんな展開を期待するのは無理でしょう。◇国際供給が滞れば日本が悪役になりかねず今回の措置で標的とされたのは、韓国の半導体メーカーであるサムスン電子とSKハイニックスです。サムスンは米インテルと半導体シェアの首位争いを繰り広げる世界最大手の一角で、SKも両社に続く大手です。サムスンとSKが日本の化学製品に依存しているのは事実ですが、両社の製造に支障が出た場合、世界中の関連メーカーの生産に影響が及ぶ恐れが出てきます。特に韓国が世界市場で5割以上のシェアを持つ半導体メモリーの出荷が滞ったら、日本が悪役にされかねません。◇日本企業のライバルを育てる契機に日本企業の被害も考えなければならないでしょう。ステラケミファ大阪市は、対象となったフッ化水素の年間売上高が約200億円で世界シェア7割。このうち6割を輸出しており、多くが韓国向けです。半導体市場での韓国2社の存在感の大きさを考えれば、韓国への輸出減少は大きな痛手となります。成允模ソン?ユンモ産業通商資源相の発言。韓国メディアによると、成氏は「韓国政府はこの間、業界とともに日本の一方的な措置に備えて輸入先の多角化と国内生産設備の拡充、国産品の開発などを進めてきた。これからも業界と緊密なコミュニケーションを取りながら、韓国企業の被害を最小化するための支援に万全を期す。同時に、韓国の部品、素材、設備産業の競争力を引き上げる契機にしていく」と語っていました。中国にレアアース輸出を止められた日本が必死になって対策を取ったのと同じです。文在寅ムン?ジェイン政権の支持層には財閥への拒否感が強いものの、こういう事態になったらサムスンを支援しても文句は言いづらい。官民一体となって突き進む時の韓国のスピード感はすごいので、猛烈な勢いで対策を進めてくるはずです。しかも、サムスンは昨年の売上高が243兆7700億ウォン約22兆6000億円、営業利益58兆8900億ウォン約5兆4000億円という超大企業。ちょっとやそっとのことで倒れたりはしません。日本企業から年収数千万円という破格の条件で多くの技術者を引き抜いてきたこともありますから、必要とあれば同じことをするでしょう。日本の経済産業省の知人は「日本企業の圧倒的シェアは、世界が日本企業への依存に安心しているからにすぎない。諸外国が日本の措置に不安を覚えれば、日本以外のメーカーが増産することになりかねない」と話していました。◇日本製部品依存を克服した前例も日本からの部品供給が止まったことで韓国企業が代替策を探り、日本依存から脱した前例があります。日本からの部品輸入の代表的品目の一つだった自動車部品です。2011年の東日本大震災で被災した日本国内の工場が止まったため、世界中の自動車生産に支障が生じました。各メーカーはそうした問題が再び起きないように考えます。具体的には、日本の自動車メーカーは品質が向上した韓国製部品を積極的に買うようになり、韓国の自動車メーカーは日本以外からの部品調達を増やしました。その結果、2010年に10億ドル超に達した自動車部品貿易での韓国の対日赤字は、2011年から急速に減り始めました。そして、2014年ごろには日韓の収支が逆転しました。ずっと日本の黒字だったのが、韓国の黒字に変わったのです。いまや韓国製部品の対日輸出の方が、日本製部品の韓国への輸入より多くなったのです。今回の利害得失を考えてみると、日本にメリットはほとんどないように思えます。 不思議なのは、なぜこんなに簡単な計算を安倍政権がしなかったのだろうかということです。すべての日本国民の心を晴れ晴れとさせてくれます。これは、偉大なことです。経済制裁なんてしませんよ。優遇してきたのをやめるだけです。利益の為じゃないからだろ、日本を韓国が悪者扱いしてるのにも限界が来たって事。白黒つけるのに損得勘定してどうするんだい?赤穂浪士の討ち入りは損か得かと聞いてどうする、ケジメつける以外はどうでも良いんだよ。だいたい経済制裁がいい結果につながった記憶がない。私が言うのも何だが


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*