ナイトエギング ナイトエギングでの当りの取り方は エギン

ナイトエギング ナイトエギングでの当りの取り方は エギン。ポイント特性にもよりますけど、私がナイトに行ってた時は、やはり他の方も仰られているようにテンションフォールで、ラインローラーから直ぐのPEを指で摘まんだり、引っ掛けたりして取ってましたよ。ナイトエギングでの当りの取り方は エギング初心者です
昼間はラインの緩みや張り具合で微妙な当りを察知して
合わせていますが、ナイトエギングだと当然真っ暗でラインが
見えませんが、皆さんはどうやって当りを取っているのでしょうか

テンションフォールで手元に伝わる小さな当りを感じ取っているのでしょうか
それとも、ライトを付けてラインを見ているのでしょうか ナイトエギング。夜間のナイトエギングにおける。アオリイカのアタリの取り方についてですね!
これは以前から質問を受けることが有りまして 暗い時間帯にエギングに挑戦して
みると。誰しにも立ちはだかる最初の壁と言っても過言ではエギングのアタリの感触がハッキリと分かるアタリの取り方。フリーフォールは慣れも必要で。風の強い日や雨の日。夜釣りの場合はアタリの
感触をハッキリ感知するのは難しく。エギングのアタリが分からない初心者の方
には絶対にオススメできないアタリの取り方です。 釣り

アオリイカエギングのアタリが分からない方のためのアタリのとり方。初めてエギングをされる方やアタリのとり方がまだ良くわからないと言った方に
まずは覚えておいていただきたいのがロッドでアタリをとる方法だ。また。夜
に行われるナイトゲームではラインが見えないため。この後紹介するラインで
アタリをとることが難しいことからなどでエギング関連の動画を見て
いるとプロですらシャクったらノッていた。と言ったようなシーンをよく目に
する。エギング真っ暗で見えない夜でもわかるアタリの取り方。様々な種類がありますが異なる部分はズバリ”ラインテンション”です。 これを
理解することで。なかなかイカが釣れないという初心者の方でもフォールが
できるようなります。 エギをしっかりフォールがさせる

ナイトエギングの釣り方のコツ。ナイトエギングのアクション?誘い方; ナイトエギングのアタリの取り方; ナイトエギングのおすすめのエ

ポイント特性にもよりますけど、私がナイトに行ってた時は、やはり他の方も仰られているようにテンションフォールで、ラインローラーから直ぐのPEを指で摘まんだり、引っ掛けたりして取ってましたよ。軽く摘まんでいる場合はイカパンチとかで指からラインが離れる場合が多かったです。その程度の摘まみ具合です。ロッドはラインも見えない状況下で不用意に立てると、何かの拍子にラインが穂先に絡まっていたりもする場合もあるので、テンションフォールといっても、精々45度以下程度の角度か、ロッドを下げた状態でのテンションフォールという感じでした。ただ、無理に当たり察知をしにいかずに、ラインメンディングに集中して、必要以上の糸ふけが出ない様にしておいて、異変を感じたら空アワセからのジャーク&フォール、ロッドで聞いてみて違和感あればアワせる方が効率は良かったです。私の場合質問者さんご自身が既に、ラインでのアタリ察知をされているようなので、無理に今のスタイルをナイト用に変えるよりは、今まで通りの感覚で行ってその場で微調整が出来ると思いますよ。あと、賛否はあると思うけど、ポイントに居座ってエギングするのであれば、多少の灯りは大丈夫です。ただし、周りに人が居ないのが前提。海面を照らしたり、影が映る様な灯りや、動きのある灯りはNG。要は常夜灯のように固定して「動かない灯り」なら殆ど問題無いです。最近、防災関連の番組でも紹介されてますけど、ライトに白のコンビニ袋被せて「白くボンヤリ明るく」でも良いです。とにかく、穂先とラインが見える程度でOKですからね。そもそも、ラインブレイクでその場でノット組む時、ポイント離れると後行者に入られる心配があると、気を使って海に背を向けてライト照らしてリノットしますよね。しかも結構明るいLED笑結局そんなもんです????他の皆さんがやられてるようにテンションフォール+ラインに指を当ててるのと、ティップを下に下げて、指、ティップにくる違和感等でアタリを取ってます。特にティップでアタリを取りたい時のコツはティップを下げるとともにロッドの握りを柔らかく持つ事です。後はなるべくフォールかけてしゃくりあげてくる時にエギに対して潮上に居るとやり易いです。YouTubeだと思うのですがヤマシタの川上さんの動画でナイトエギングのアタリの取り方みたいな題名で数ヶ月前にアップされていた記憶があり、分かりやすく紹介されており、異論はなかったので参考にされると良いかと思います。私はキャスト後に糸ふけをとって、後は指をそっとラインにかけてサミングしていますナイトでライト点けて竿先照らしてライン見てるバカはたまに見かけますね。あれ、すげー迷惑だし、エギングが嫌われる理由の一つだからしないで下さいね。ナイトはテンションフォールです。慣れればアタリもわかりますよ。私は、日中でもテンションフォールがメインですが、テンションフォールでも、手元に出る感覚とラインでアタリを取るので、やはり夜には、見えない事もあり、手元に出るアタリだけを頼りに…になってしまいます^_^後は、ロッド自体を別のティップの柔らかい物に換えて、ティップを曲げて、ティップに出る変化を見るようにしたりもやります^_^後は、フリーでフォールさせる時には、普段から、出来るだけ、余分なラインを出さない様に心掛けていますので、所謂、張らず緩めず!のフォールをやるようにしています。これだと、意外と良く手元にアタリを伝えてくれますので、日中であれ、夜間であれ、フリーでのフォールの際は、ラインを張らず、しかし、緩めすぎずを心掛け、キャストしたらすぐに、ラインメンディングして、真っ直ぐにラインを海面に着ける事と合わせて、普段から癖付けを行っています^_^テンションフォールでティップを下に下げています。下げているティップが上に持ち上がるような感覚ですかね。自分はナイトゲームしかしませんがそれでアタリを取り合わせるのが楽しすぎてエギングにどっぷりハマりました。テンションフォールばかりですので風が強いと絶望的になります笑


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*