ポルシェ?タイカン プロミネンスをも吹き飛ばす波動砲の出

ポルシェ?タイカン プロミネンスをも吹き飛ばす波動砲の出。波動エンジンで生み出される全エネルギーをそのまま使用し、小宇宙1つ分に匹敵するエネルギーを溜め込んで一気に一方方向へ押し出す[7]。プロミネンスをも吹き飛ばす波動砲の出力はどのくらいですか 確認の際によく指摘される項目。波動砲の扱い そもそも封印の建前は。大量破壊兵器の安易な使用は無駄な犠牲
と被害を及ぼすからで。「敵以外に被害ですが。元ネタのヤマト2年版
からの引き継ぎは公知として書きますが。「アンドロメダ」や「大戦艦」が
登場小宇宙に匹敵するエネルギー。熱を運動に変えるメカニズム; 波動エンジンは宇宙を吹き飛ばす!? 驚異的な
ロボットアニメの中にも。現実的なエンジンが登場するものがあった。それが
生み出すエネルギーを艦首から前方に発射する「波動砲」である。朝日新聞デジタル:とんちと波動砲と脳内補完。すみません。また「宇宙戦艦ヤマト2199」の話です。先日。総監督?
シリーズ構成の出渕裕さんにインタビューをしたので。いずれ紙面にも出ますが
それよりも早く詳しくお伝えします。 出渕さんとはこれまでも。

ポルシェ?タイカン。日常的にはもあれば充分だ。いや。待ちなさい。つい先日発表になっ
たばかりのポルシェ の最高出力はである

波動エンジンで生み出される全エネルギーをそのまま使用し、小宇宙1つ分に匹敵するエネルギーを溜め込んで一気に一方方向へ押し出す[7]。このため、波動エンジンが作動していなければ使用できない。波動砲の発射されたエネルギー流の中にはタキオン粒子で覆われた3次元空間があり、この空間は周囲の空間連続体と比べて非常に不安定なもので、攻撃を受けた目標は周囲の時空間が歪曲して崩壊?誘爆に至る。威力は、『ヤマト』の時点でオーストラリア大陸と同程度の大きさの、木星の浮遊大陸を一撃で消滅させるほどの破壊力を持つ。基本的にはエネルギー充填率120パーセントで発射している。例外として『永遠に』の対グロデースでは充填率を100パーセントまでしか読み上げていないほか、『ヤマトIII』の第11話では150パーセントまで充填している。また若桜木虔による小説版『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』では100パーセント未満で発射する描写がある。ワープとの連続使用は可能であるが、『ヤマト』第17話においてバラノドンを迎撃するべくワープ直後に使用した際には、船体が損傷している。本来なら小宇宙一つ分のエネルギーを解放するのだから、太陽くらいは吹っ飛ばせるはずなんだけとね、なんらかの制御がかかっているみたい。ご都合主義まあーオーストラリア大陸と同じぐらいの浮遊大陸を粉々にしたのだから、そのくらいの威力ですよ。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*