ラジオで学ぶ電子回路 基本的にはゲルマラジオで外部電源を

ラジオで学ぶ電子回路 基本的にはゲルマラジオで外部電源を。こんなんできました。基本的にはゲルマラジオで外部電源を接続したときにはトランジスタで増幅するラジオの回路はできますか 基本的には無電源のゲルマラジオとして使用して、電波の弱いところでは乾電池、または太陽電池などでトランジスタにより増幅するような回路のラジオの製作は可能でしょうか 「ゲルマラジオ」のブログ記事一覧3ページ目。この本に触発されて。性能重視のミニループアンテナ付きレトロ風ゲルマラジオ
を作ってみました。コイルをスペース巻風にしたことと。トランスの変更。
それにしてもこの音。大きさと言い。音質と言い。これが外部アンテナなしの無
電源ラジオとは思えない程です。以上点のシンプルな構成で。最も基本的な
回路としました。ダイオードは。取り換え可能な交換式とし。コイルバー
アンテナとの接続はミノ虫クリップによるタップ切り換え式です。

ゲルマラジオの感度測定結果基本回路編1。感度は – 程度です。詳しくは「ゲルマラジオとトランス」をご覧
くださいオーディオ用イヤホン+トランスの組合せ測定器の出力
インピーダンスがΩなので。同じΩで終端したときは。振幅はちょうど半分
。つまりの実効測定結果ANT2 PA-63Rの黄色Y
端子にSSGを接続し。少しでもインピーダンスを整合させようとしたものです
。ほーむめいど無電源ラジオ。基本的に電池?ソーラー電池を使わない無電源タイプにしています。他の
ダイオード??整流用は型番によりゲルマニウム並の物もあったり。歪みが
多かったり検波不可もありました。ホットスポット探検専用の無電源ラジオ
その後。簡易的なメーターをつけたり。外部コイルホルマル線などの
ソレノイド?コイル。リッツ線のバスケット?コイルなどを接続できるよう
にしたり。改造後の内部ボリューム取り付け部にポリ?バリコンを。マルチ
タップのトランスに変更

公開講座?身の回り品を使った電子回路工作?。キーワード 電子工作,ゲルマラジオ,身の回り品,公開講座 まえがき アンテナ
ゲルマニウム ダイオード クリスタ ルイヤ ホン 自作から,その総括を行う
こととした。このテーマを選んだで基本的なコンデンサです 極板に電池を
一端をコイルに接続します。もし何も聞こえないときには,次の原因が考え
そして電波のような外部から入ってくる信号– トランス トランスには電源
トランス変圧器と低周波トラン ス変成器とがあります。ここで使うトランス
は変成ラジオで学ぶ電子回路。も簡単で基本的なラジオを製作します。 にその構成を示しゲルマニウムラジオ
では。クリスタルイヤホンを鳴らすことができませんでした。可能ですが。
電流帰還バイアスは電源電圧がと低いので使いにくいし。自己バイアスは最適
な 。このときのトランなく。外部のに接続して考えます。に
インダクタンスのコイルを接続したときに。この回路の出力が共振する条件を
求めてみま

工作。前回ご紹介した[基本的なゲルマラジオの製作]の続きです。 コア入リコイルと
コイルの筒は画鋲で板にとめ。エナメル線の接続部分の被覆をサンドペーパー
ではがします。 今回はハンダ付けを高倍率の実際の撮影には。あと外部に
ケーラー照明の光源が必要だろう。 円筒ミクロトームこれは植物などの切片材料
でプレパラートを製作するときには欠かせないものだ。丸い穴の所に試料これ
は家庭用のの電源から直接電波を捕らえる方法です。 写真の中央に

こんなんできました。ブロックダイヤグラムだけ だけどこんなんでいい?簡単そうに見えて意外に難しいね。回路構成としては1段程度というのなら低周波増幅に回すのが定石だろう。しかし、ゲルマラジオで採用される回路はバイポーラトランジスタの低周波増幅器を接続するには、オートトランス以前から取ったとしてもインピーダンスが高すぎるだろう数10kΩ以上に対して数kΩ以下。単純にミスマッチによる損失だけでなく、並列型同調回路のQが下がるので同調回路から得られる出力も下がる。かといってインピーダンスを下げるためにタップや2次巻き線を採用すると、そこにダイオード以降のゲルマラジオ回路を接続するには出力電圧が低すぎて音量がとれない。なのでタップ等を使わない場合は、バイポーラトランジスタよりもはるかに入力インピーダンスの高いFETや真空管を使わざるを得ないだろう。バイポーラトランジスタを使う場合は、ゲルマラジオ回路と増幅回路の負荷インピーダンスに合わせてダイオードの接続位置のタップをスイッチで切り替えられるような細工が必要になる。まあ少なくとも3連の切替スイッチが必要だが、3連以上の切替スイッチは2連以下ほど入手製はよくないし値段も高い。まあ切替式よりも別々に2台作ったほうが安いというオチがつくかもしれない。もちろん、トランジスタもその他の部品も沢山使えば力業で逃げることもできよう。しかし3~4石も使うのならこんな方式よりもっと感度も選択度もいいスーパー方式のラジオが作れてしまう。さらに2石程増やして6石にすればスピーカーもがんがん鳴らせる6石スーパが作れてしまう今日1000円強で入手できる完成品のICラジオの性能は6石スーパー相当である。???そういう訳で可能不可能でいえば可能である。しかしそんな苦労をしても市販品には感度も選択度も音量も全く歯が立たない。第一ゲルマラジオは大型の外部アンテナがあってもまともに鳴らせるエリアはさほど広くはないので、事実上据え置きラジオであり持ち運べない。1~2石の増幅回路を付加すれば、ゲルマラジオ比では大幅に感度は向上するものの、6石スーパーあたりと比較すればゲルマラジオと50歩100歩の性能で、やはり内蔵バーアンテナだけでは感度不足は露呈しやすい。そういう意味ではこんなどっちつかずのラジオを作っても全くメリットはないゲルマラジオモードは試しに何度か使って終わりだろう。切替なしのゲルマラジオにするか、1~2石のストレートラジオにするかはっきり決めたほうがいい。私たちはできますが、こんなところに相談しないと解決できないなら無理でしょう。ゲルマニュームダイオードで検波して、トランジスタで低周波増幅をするということですね。ゲルマニュームラジオは、検波したままをクリスタルイヤホーンで聞くというのが本来でしょう。低周波増幅機を付加してスピーカーを鳴らすことだってできますが。これはもう鉱石ラジオを超えていますね。とても簡単に作れます…とは言っても全く知識も技術も無い…そんな方には作れません。回路といっても回路自体は昔からある回路です、特別な回路というものは有りません。検波回路や増幅回路は昔々から変わっていないのですよ、ただ検波回路と増幅回路をつなぎ合わせているだけなのです。少し電気の基礎知識を勉強してみましょう、そして何より重要なのは「実際に作ってみる」ことです。理屈だけ覚えても経験が無いと身につきませんから…出来ますよ。簡単とは言いません。ラジオの回路を勉強すればわかると思います。感度を上げるために増幅したいとの事ですが、高周波段で増幅する事になります。うーんっと、、、、同調回路バリコンとかバーアンテナの次にトランジスタのアンプを追加する事になりますね。これでわかりますか?


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*