勤続年数を求める エクセルでの日付の足し算について社員の

勤続年数を求める エクセルでの日付の足し算について社員の。そうやって文字列にしてしまっては、足し算もへったくれもありませんし、day関数の使用など全く馬鹿げています。エクセルでの日付の足し算について

社員の勤務期間を出す場合に入社日~基準日の2019年3月31日の期間で出す場合に
入社日をB2 基準日をC2とデータを入れている場合 =DATEDIF(B2—DAY(1),C2,"y")&"年"&DATEDIF(B2ーDAY(1),C2,"ym")&"月"&DATEDIF(B2ーDAY(1),C2,"md")&"日"
と入れて勤務期間を出しました

ただし勤務期間から休職期間を引くために同様に休職期間を同じような式で出しました

そこまでは良かったのですが、複数の期間休職している人がいてその結果を足せなくて困っています
具体的には
2017年5月1日~2017年6月10日と2018年4月1日~2018年12月31日
のようにそれぞれ【1か月と10日】【9か月0日】の期間を足して【10ヶ月10日】と1つのセルに式を作り出したい場合どうすればよいでしょうか エクセルでの日付の足し算について社員の勤務期間をの画像。

エクセルで年齢や勤続年数を簡単計算。エクセルで社員名簿や顧客名簿など作成すると。年齢は自動計算したい。と思い
ませんデイトディフ関数は。開始日と終了日の個の日付
から期間を計算することが出来るので。簡単に年齢を表示します。勤続年数を求める。たとえば下図のように。終了日のセルに 文字列として 日付に見立てた値を入力し
ても はこれを日付だとは認識できないため。計算結果がエラーとなります
。 年数を表示したいのではなくて。「勤続年数が年の社員が何人いるExcel日付間の年数などを求める???日数計算をする関数。※上記内容は。での設定となります。 各種研修?講座について
西日本エリートスタッフでは。登録スタッフの皆さまが。安心してお仕事を

EXCEL関数人事担当者必見。組み合わせや使い方で効果絶大。関数はこう使う! 今回ご紹介するの数
百人の社員のそれぞれの勤続年数を。一瞬で算出できますか?』関数
とは。つの日付の間の日数。月数。または年数を計算します。Excel効率化社員の勤続年数を調べたい。入社年月日から社員の勤続年数を計算したり。生年月日から年齢を計算したり
するのは。意外と大変ですよね。。件のデータなら関数を使えば。
指定した日付と日付の間の期間をすばやく求められます。今回は。
関数を使って社員の勤続年数を求める方法について解説しました。Excelエクセルで年齢?社歴計算毎年変わる数字を自動的に。エクセルで社員名簿や顧客名簿を作るときに。年齢や勤続年数を入力することは
ないでしょうか? これらの数字は毎年変わっていくものなので。年が変わるごと
に修正するのは効率的な作業とは言えません。この記事では。

そうやって文字列にしてしまっては、足し算もへったくれもありませんし、day関数の使用など全く馬鹿げています。たとえ年数、月数、日数をそれぞれきちんと別のセルに計算したとしても、それを集計するときに日数を足し算して30日で1ヶ月に繰り上がるのか31日なのか28日なのか、決められませんよね。1日2日に目くじらをたてる必要があるのかどうか、いっそのことdays360関数あたりでバーンと概算しちゃうって手も考慮してみたほうがいいんじゃないでしょうか。これでどうですか?=DATEDIFA1+A2,B1+B2+1,y年DATEDIFA1+A2,B1+B2+1,ymヶ月DATEDIFA1+A2,B1+B2+1,md日なぜ、「何ヶ月」と「何日」を別けて計算するのですか?通算で日数を計算して、後から何ヶ月と何日と出せば良いのでは?


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*