弁当及びそうざいの衛生規範 一般生菌数の包装ありとなしで

弁当及びそうざいの衛生規範 一般生菌数の包装ありとなしで。空中の酸素や水分などを必要とするタイプか逆に邪魔なタイプかなどで必要な環境は異なりますまた他の菌との競合が無いために生存しやすい環境になった可能性も有ります質問の内容だけでは判断は何も出来ません。一般生菌数の包装ありとなしで1週間保存して、菌数を比較する実験を行ったのですが、なぜか包装した方が菌数が増えてしまいました これには理由があるのでしょうか 誰か教えてください 弁当及びそうざいの衛生規範。第1 目的 本規範は。弁当及びそうざいについて。これら食品による細菌性の
食中毒が多く 発生していることにかんがみ。微生物の制御を中心にこれら食品の
な落下細菌数生菌数。落下真菌数カビ及び酵母の生菌数となるように

空中の酸素や水分などを必要とするタイプか逆に邪魔なタイプかなどで必要な環境は異なりますまた他の菌との競合が無いために生存しやすい環境になった可能性も有ります質問の内容だけでは判断は何も出来ません


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*