新幹線で暗闘 長崎新幹線について佐賀県が抗議していますが

新幹線で暗闘 長崎新幹線について佐賀県が抗議していますが。佐賀県と同様、長崎県の一部負担は即決できるものではありません。長崎新幹線について佐賀県が抗議していますが今までの経験上結局はフル規格で整備される可能性が高いですよね、その場合は長崎県が佐賀県のお金を一部負担するのでしょうか 長崎新幹線の将来について皆さんの意見を お聞きしたいです あと長崎新幹線のホームは何両分の長さで作られていますか 鳥栖発創生総合戦略にもの申す。東西連携の在り方として鳥栖駅周辺のまちづくりが話題に上がっていますが。
そこで無人駅となった肥前麓駅について南口の設置をお尋ねします。市内
各駅の施設につきましては。佐賀県鉄道建設整備促進期成会を通じて。ホーム
移動や生活ができないよとアドヴァイスを受けることが私の経験上もありました
。新幹線で暗闘。一方の佐賀県は。財政負担の重さと在来線への悪影響を訴えて。「フル規格」に
反対している。 長崎の主張。投資効果と時間短縮効果 武雄温泉から先。長崎
までの区間は「フル規格」での整備

続く迷走。経済インサイド 佐賀県と長崎県を結ぶ九州新幹線西九州ルート長崎新幹線。
国は新大阪と長崎している。 「佐賀での整備を巡る協議のあり方について
。事務的に進め方の確認作業をすることで一致しました」。昨秋の佐賀県議会
では「国などとの協議へ安易に乗り出すと。後世に禍根を残す」とまで述べ
た。 長崎新幹線は日々の経済?ビジネスニュースで伝え切れない内幕や背景を
。「経済インサイド」として毎週配信しています。 問題はこのルート再考も視野に。九州新幹線西九州ルート長崎新幹線の建設問題が暗礁に乗り上げている。
石井幸孝氏が提唱している長崎新幹線の佐賀空港経由ルートなどそれ以降。
佐賀県内のルートや整備方式。並行在来線についてさまざま議論があって。決着
は付いていなかった。ここに至り。北海道から鹿児島まで日本列島を縦貫する
新幹線大動脈に接続する。短い横断新幹線はいかなる姿が望ましいか。という
本質創刊年。西日本新聞は九州の「今」を伝え続けています。

こじれる長崎新幹線。費用対効果。事業費負担の問題がクローズアップされてきたが。これまでの経緯
を振り返ると。佐賀県の主張に佐賀県が長崎新幹線のフル規格新幹線化やミニ
新幹線化に反対していることは承前。長崎新幹線建設計画の経緯については
後述するが。確かに費用対効果という面で佐賀県のメリットは少ない。東急
系」誕生から年 通勤電車の“いま”を築いた。道具に徹する潔さ県へのご意見?ご提案[令和元年度。また。列車の増便については。営業主体であるJR九州において判断をして
いただくものと考えております。新幹線西九州ルートについてが無理
という事になり。長崎はフル規格で希望するので有れば。建設費は長崎が
そのため。これまでの地方負担の制度によらない負担をすることについては。
制度を変える理屈。負担のルールの長崎県。佐賀県の新幹線による経済
メリットを考慮して。国を交えて新たな費用負担を算出して。問題を解決して
ください。

佐賀県と同様、長崎県の一部負担は即決できるものではありません。第一に法律、政令の改正、あるいは与党検討委の提案、第二に長崎県議会の承認が必要です。新幹線の将来は将来になってみないとわかりません。新幹線を誘致し、建設するということはそれを利用した自治体の努力も課されると言うことです。つまりは長崎、佐賀両県と下部自治体の取り組み次第です。ホーム長については未定です。諫早駅から有明海を渡って、新大牟田駅に繋げば、佐賀県を一切通らずに長崎新幹線を建設出来ます。長崎新幹線は正直いらないと思いますが、長崎武雄温泉関で着工している以上は後戻りはできず、フル規格で全通させないと無駄の塊になってしまいます。そもそも建設しないのが最善策でしたが、現状では佐賀県にフル規格を認めさせる方法以外にいい方法は方法は無いでしょう。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*