理想気体は分子間力がはたらかず 化学の問題で質問です 実

理想気体は分子間力がはたらかず 化学の問題で質問です 実。数学で極限を習っていたら、この式で:Z?=lim[P→0]。化学の問題で質問です 実在気体の振る舞いについて、以下のようなグラフをよく見るんですが、なぜPが0の時に原点が0ではなく1 0なのですか P×V=一定だとしても、そもそもP=0だと成り立ちませんよね 理想気体は分子間力がはたらかず。これに対し。実在気体では分子間力や分子の大きさの影響が無視できないため,
標準状 態における の気体の体積を理想気体と実在問 下線部について,
その理由を述べた次の文の に適する語句を字以 内で記せ。温度を高く
すると, 気体分子の なり。 分子間力の影響を無視できるようになるためである。
高校 化学 質問内容 全て教えてほしいです!クァンダ先生に質問する 類似
問題 –次の文章を読み 。 以下の問に答えよ 。 次の文章を読み
。以下の問に

化学講座。実在気体と理想気体の差を表す指標に。圧縮率因子というのがあります。 で表
される値なのですが。よく見てみると。理想気体の状態方程式の物質量と同じ形
をしていますね。 ですから。理想気体では の値は圧力や温度を変えても常に
一定Chap。分子間力を無視すると。分子は「気体状態」しか取れないことになりますが。
実際には液体や固体となり。また気体状態でも理想気体の状態圧縮因子や
ファン?デル?ワールス方程式で表される実在気体のふるまいについて説明しま
した。

数学で極限を習っていたら、この式で:Z?=lim[P→0] PV/nRT気体の種類に関係なくZ?=1誤差無しであることが理論的にわかっています。気体が存在している限り圧力が0にはならないので、P=0でのZを実験で求めることは不可能ですが、圧力を変えて測定し、可能な限り低圧まで測定して、そのグラフを伸ばす形で極限を求めます。疑問点などがあれば返信してください。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*