盧溝橋事件 1937年盧溝橋事件により日中全面戦争の戦端

盧溝橋事件 1937年盧溝橋事件により日中全面戦争の戦端。支那事変は日本と中国との紛争であり、世界史ちょっと差別的ですが、欧州史=世界史という現状がありましたには影響を与えていません。「1937年、盧溝橋事件により日中全面戦争の戦端が開かれ、第二次世界大戦がはじまった 第二次世界大戦は当初東アジアでの戦闘に限られていたが、1939年ドイツのポーランド侵攻に発端し日独伊三国同盟が結ばれることでアジアとヨーロッパの戦闘が結び付くことになるのである」

誤りはありますか 盧溝橋事件。昭和12年7月に起きた。終戦までの8年間に及ぶ「対日抗戦」の起点とされる
盧溝橋事件の謎。背景には。言うまでもなく昭和12年1937年7月7
日の盧溝橋ろこうきょう事件に始まる支那事変日中戦争がある。一九
三七年七月七日。北京郊外の盧溝橋でおこった日中両国軍の武力衝突盧溝橋
事件により。日中戦争が始まりました。日本軍の戦争責任を追及するために
開かれた東京裁判においてさえも「最初に仕掛けたのは日本軍ではない」という
見解を

「戦争の世紀」研究:現代史と国際政治の視点から/23。1937年7月。北京郊外の盧溝橋を渡る日本軍兵士 拡大イベリア半島の戦禍
に呼応するように。間もなく極東の中国でも戦端が開かれた。盧溝橋事件後。
中国共産党の提唱する国共合作に蒋も同調し「抗日民族統一戦線」が成立した。
するドイツは。日中の全面戦争による中国の共産化を懸念し。38年にかけて
O?トラウトマン駐華大使らが日中独伊と異なり明確な独裁者を持たない日本
のファシズムは。複雑な政治力学の相互作用により後戻りできない日中全面戦争のきっかけ。北京の南西郊外にある盧溝橋付近で1937年昭和12年7月7日夜。日本
軍が。夜間軍事演習中に中国軍から発砲があったとして。攻撃した事件です。
日本は。すでにその6年前。鉄道爆破の謀略事件柳条湖事件を

盧溝橋事件における蔣介石の選択。しかし。全面戦争という結果になったが。 年 月の時点では中国と日本の
軍事力には大 年は 月の西安事変解決により無事帰還した蔣介石
に対する中国各地での蔣委員長帰京益世報』は 月 日「中日関係の展望」
で。中央政府がこれ以上。中日関係で妥協した場蔣介石が解放され
。西安から南京に戻ったのは 月 日であり。 日には各地で慶祝大会が開
かれた盧溝橋事件に関するトピックス:朝日新聞デジタル。1937年7月7日。北京郊外の盧溝橋で夜間演習をしていた日本軍が。実弾の
射撃音を聞いたとして近くの中国軍と戦闘になった事件。日本政府は当初。不
拡大の方針を唱えたが。旧陸軍の強硬派に引きずられ。日中の全面戦争の発端と
なっ

楽天カード。その後。モンゴルが再び勢力を強めはじめ。年には皇帝がモンゴルの捕虜に
なるという事件土木の変まで起きた。, 明代のによる国民会議を提唱し。
これに呼応した馮国璋により北京に迎えられた。年には国民会議促成会が開
かれたが。この会期中に調印直前に上海天長節爆弾事件が発生した。, 年
には。盧溝橋事件。第二次上海事変や中華民国軍による通州事件などにより
これにより中華民国と全面戦争に入った日中戦争。当時の日本側呼称。支那
事変。盧溝橋事件の犯人は。国民党軍とて同様。日本は戦争の挑発を何度も耐え。抗議をしていたと。盧溝橋
に従軍していた関東軍の方の話しを大東ついに戦端が開かれた。 とすれば。
中国共産党が始めた戦争により大陸で尊い血が流されることになったのは現政権
の先輩らの責任。日中戦争の発端となった1937年の盧溝橋事件から77年
の7日。北京市郊外にある盧溝橋近くの中国人民抗日戦争その後。日本軍は
北京や天津を総攻撃。8月には戦火が上海に及び全面戦争に突入した。

支那事変は日本と中国との紛争であり、世界史ちょっと差別的ですが、欧州史=世界史という現状がありましたには影響を与えていません。よって単なる地域紛争となっています。日中両国がそう規定していたという背景もあります。 よって第二次大戦の開始はドイツに対して英仏が宣戦布告をしたが真であり、その直接原因である9月1日のポーランド侵攻をもって開始とされるのです。 日本は仇敵ソ連をたたく為に、共産主義嫌いのドイツと防共協定を結びましたが、ドイツとソ連が不可侵条約を結んでしまった事で、蚊帳の外に放り出されます。日本の内閣は不明を恥じ総辞職しました。つまりここで一旦、日本と欧州情勢の成り行きは断絶するわけです。 その後また日本とドイツが再接近するのは、ドイツがオランダとフランスを占領しイギリスを追い詰めたからで、これら三国のアジア植民地を確保できるのでは?という日本の思惑に合ったからです。つまり三国同盟を締結したのは、欧州で勃発した第二次大戦の初期、ドイツ優勢という時流に日本が乗ろうとした表れであり、日本からドイツを動かしたのではありません。日本は常にドイツの動きに振り回されて、主体性を発揮出来ていませんでした。ドイツは結局ソ連も裏切って侵攻するのですが、日本には周知さえされず、日本は二度目の吃驚を味わう事になります。 日本の戦争に欧州が同調してきたという見解は誤りです。日中戦争は第二次世界大戦には含まれません。第二次世界大戦は連合国と枢軸国との戦いのことを言いますから。中華統一戦線は日中開戦時点では連合国に加盟していないはずです。ひとつの見方として否定も肯定もしませんが、1937年に締結された日独伊三国防共協定や、ミュンヘン会談にソ連が招かれなかったように、最初共通していた敵が共産主義だったことに留意しておく必要があります。日本は当時軍国主義、中国も共産主義かと言われると必ずしもそうではありませんでした。実際、1938年のミュンヘン会談でも参加国は資本主義のイギリス、フランス、ファシズムのイタリア、ドイツの4カ国で、ソ連は招かれませんでした。それはイギリスのネヴィルチェンバレンが開戦を避けたかったのがあります。しかし、1939年に独ソ不可侵条約を締結したことで対独宥和政策が破綻。この時点でこの構図は崩壊することになりますがね…。防共自治政府は、どちらかと言えば親日でしたし、日本軍も日本政府も元々中国相手に戦争を起こすつもりはありませんでしたから、盧溝橋事件を以って日米開戦とするのは無理があると思います。実際、盧溝橋事件は双方の話し合いで収束に向かっていますし、その後広安門事件を経て通州事件へと繋がるわけですが、この時日本軍が相手にしていたのは蒋介石軍ではなく、暴走した一部隊第29軍にすぎません。しかもその後日本軍により第29軍は一掃され、華北は平定されています。その後、上海の日本の民間人居留区が蒋介石軍便衣兵によって封鎖された挙句、中国共産党を含む20万の蒋介石軍に包囲。蒋介石軍から日本海軍への総攻撃が行われた状況を受け、遂に日本軍が蒋介石軍軍拠点への空爆を命じた事から勃発した、「第二次上海事変」こそ、本当の「日中戦争」の開戦時とすべきだと思います。事実、その後日本軍は、「政府声明」という名目で、蒋介石軍に対する事実上の戦線布告を行なっていますから。南京大虐殺というフィクションの舞台とされた南京事件が起きるのもこの後です。この時点でまだドイツ軍はポーランド侵攻すら行っていないという事にびっくりですよ。南京大虐殺は第二次世界大戦中に日本軍が中国人相手に行った暴挙である、と思い込んでいる日本人もたくさんいるんじゃないでしょうか。日本軍は日中戦争のスタートを以って大東亜戦争の開戦である、としているんですから、日中戦争の開戦により第二次世界大戦が勃発した、と定義づけても、なんの不思議もありません。寧ろ日米開戦を以って日本軍の第二次世界大戦への参戦である、とする事で、日中戦争や日中開戦に至る経緯に置いて、中国国民党軍が日本の兵士のみならず、日本の民間人に対してまで行った鬼畜行為に全く焦点が当てられていない事の方が異常だと思います。残念ですが、1937年の盧溝橋事件段階では、シナ事変と称しており、日中間は宣戦布告をしていないので、厳密な意味での「戦争」ではありません。世界的にも局地紛争とみなされており、ナチスドイツは日本と防共協定を締結しながら、公然と中国軍を支援していました。第二次上海事変でく日本軍を苦しめた蒋介石の精鋭部隊は、ドイツの軍事顧問が指揮し、奥地を爆撃する海軍陸攻部隊を悩ませたのは、中国軍のドイツ製戦闘機です。一方で蒋介石の資本的な支援は英系銀行が担っています。第二次世界大戦が、日独伊の枢軸国と英米ソ連を主とする連合軍との大戦争になるのは、ポーランド侵攻からです。>誤りはありますか? はい。欧州の戦争とアジアの戦争は、アメリカを介して結びついているのです。「ドイツがポーランドに侵攻して始まった」は正しいのですが、「イギリスがポーランドの独立を保障した」からイギリスとドイツが戦う羽目になったのです。イギリスがポーランドの独立を保障しなければ、ポーランド政府がドイツの領土回復に反対することもできずドイツはポーランドに侵攻する必要がなくなります。ルーズベルトがイギリスに「ポーランドの独立保証」をそそのかし、欧州で戦争を起こしたのです。欧州戦線に参戦したかったルーズベルトが三国同盟を利用し、日本を挑発することにより欧州戦線に参戦したのです。また、1937~1941年のアジアでの戦争は「日華事変または支那事変」であり第二次世界大戦ではありません。ルーズベルトさえいなければ、単なる日中のアジアの地方戦争であり世界戦争に発展していません。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*