退職後の健康保険 62才になり同じ勤務先で継続して勤務し

退職後の健康保険 62才になり同じ勤務先で継続して勤務し。特別支給の厚生年金6万円は、少ないですね。62才になり同じ勤務先で継続して勤務しており、給与の標準報酬月額が26万円、本来の厚生年金一部支給額が約6万円合計約32万円になります 合計で28万円を超えると超えた金額の半分が支給停止になる為、約2万円カット されて支給が始まりました 標準報酬月額は毎年、4月5月6月の給与総支給額の平均を元にその年の9月から先一年が決まると聞きました 私がうっかりしてたと気付いたのは、先月までの3ヶ月がその月に当たり、平均を出してみると月251500円位で標準報酬月額は25万から27万円は26万円の等級になり、今年の9月からも2万円カットのままです 残業をこの3ヶ月合計で約5千円減らしておけば、平均が25万円未満になり、標準報酬月額等級は1つ下の24万になり、在職老齢年金減額の基準で24万+本来の年金6万合計30万で28万より2万だけオーバーなのでその半分1万円だけのカットで済むはずでした 標準報酬月額の等級はなぜか2万円単位です つまりカット額が月1万円違うのです 向こう1年続くので12万円ももらい損ねる計算になります ちょっとした事でこうなるのですが、もうどうしようもないですかね 標準報酬月額の計算に通勤手当が入るのも合点がいきません 私の場合はそれが約15000円です 在職老齢年金の減額自体を廃止する動きがありますが早くて2年後らしいので間に合いそうにありません > <働きながら年金はもらえるの。はありません。知って得する情報をわかりやすくご説明します。今は。歳
の定年後も希望により継続して勤務することができます。できるだけ長く働い
ている人が「特別支給の老齢厚生年金」をもらう場合には。給料と年金の合計額
。すなわち。総報酬月額相当額「その月の標準報酬月額」+「直近年間の賞与
の合計額÷」と年金月額本来の年金額をで割った額の合計額が万円
を超えていると。年金額の一部または全部が支給停止になります。 ※年金月額に

退職後の健康保険。勤務先を退職した後。再就職等をせずに働かない場合には。次のつのいずれかの
公的医療保険に加入することになります。健康保険の保険料は給与額に応じた
標準報酬月額をもとに計算されていたところ。任意継続では退職時の標準報酬
月額をもとにしなお。資格喪失日の前日までに。継続してか月以上の被保険
者期間があることも必要です。そして別居の場合では。健康保険の被保険者
から仕送りなどの援助を受けており。その援助額よりも収入が低いことが求め
られます。定年後再雇用制度で担当者が押さえておきたい注意点?進め方。定年後再雇用制度」とは。継続雇用制度のひとつで。高齢者雇用安定法により。
従業員の希望次第で定年退職高年齢者雇用安定法では。「定年を定める場合に
は歳を下回ることはできない」第条とされており。過去の裁判事例
でも。デスクワークの事務職で勤務していた社員を清掃員として再雇用する事は
違憲であるとの判決が出ているので場合。責任の度合いが同じであれば。減額
して再雇用契約を結んだとしても無効となる可能性が高くなります。

社会保険制度のご案内。就業条件が社会保険の加入資格を満たす場合。健康保険?厚生年金保険?雇用
保険への加入手続きを実施しています。喪失するまでに健康保険に継続して
年以上加入任意継続被保険者期間を除くしていた場合>任意継続保険料と
新たに加入した社会保険での健康保険料が重複してしまうことになりますので。
事前に就職が決まっている方は。国民歳未満の子どもを養育するため。勤務
時間の短縮などにより給与標準報酬月額が低下した場合に。事業主を通じて
年金事務

特別支給の厚生年金6万円は、少ないですね。65歳以降も働けるのであれば、老齢基礎年金部分の受給繰下げをお勧めします。男性は早死になので3年程度繰下げて、25%程度増やすのがお勧めです。老齢厚生年金は、年下の妻がいると加給加算が付くので繰り下げない様にしましょう。妻の分は5年繰り下げると、更に年金を増やせます。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*