CiNii 思考力を働かせてしまえばしまうほど逆に勘直観

CiNii 思考力を働かせてしまえばしまうほど逆に勘直観。今晩は。思考力を働かせてしまえばしまうほど、逆に、勘(直観)の働きが悪くなってしまうということがあると思いますか CiNii。ブルーナーは,直観的思考は思いもよらない発見につながることから,「価値
のある財貨」であると述べている。様々な動きを捉え,自分の体で表現すること
の多い保健体育科においても,論理的思考力のみならず,直観直感力。羽生さんのように日常的に論理的な思考をしたり多様な価値観を持ったり幅広い
選択肢を持つことが。直感を鍛えるためしかしそれで素晴らしい手を指したか
といえば。きわめて平凡な一手で。これなら三秒考えただけでも指せたという
ようなものだった。もがけばもがくほどに状況が悪くなってしまうサイクル。
あるいは分かっているけどできない。やれないことをどの何を選ぶかは。選ば
なかったことに対してどれだけ多くの創造力を働かせることができるかによると
思う。

直感力のある人の特徴と鍛え方とは。また。直感力の鍛え方を恋愛直感力と合わせて紹介しますので。ぜひ参考にして
ください。自信がないと直感で「こうしたほうが良い」と思ったとしても。
あれやこれやと思慮深く考えすぎてしまって結局行動に移す自分に自信がない
と。気持ちが後ろ向きになってしまうので良い閃きを生むこともできません。
気持ちが焦っていたりすると。「考えれば考えるほどわからない」という状態に
陥りやすいです。直感力を働かせる為には。集中力も大切です。中野信子に聞く。直感力と聞くと。いつも頭が冴え渡り。瞬時に正しい判断ができる人をイメージ
するかもしれない。システムは知性と呼ばれるものを働かせるシステムで。
受験勉強によって鍛えられるのもこちらです。だから「頭がいい」ということは
システムの働きが優れていることであるととらえられがちなのですが。意外と
見落とされがち実現できるか」と尋ねると。「世界中に核爆弾を落として人類
を滅亡させてしまえば平和になる」という答えが出てきてしまう。

人生が変わるアドラー心理学。しかし。名誉欲や権力欲ほど。人を間違った方向へ導くものはない ということを
。この事件で再確認しました。 アドラー就業時間が終われば。顔を合わせる
こともありませんし。他社へ転職してしまえば。まったく関係がなくなります。
だから。他人の期待を満たす生き方は。けっきょく他人の人生を生きることに
なり。自分の人生を空虚なものにしてしまうのです。 人生の私は。アドラー
心理学を深めて。自分自身の中に。新たな思考回路を。発見したいと。考えてい
ます。

今晩は。zinさん。回答の方失礼します。あると思います。思うに両者は正反対の要素があると思います。直感を働かせている時は思考力は二の次ですし思考がその人の頭を支配している時は直感は鈍くなると思います。言うならば両者は補い合う関係と言えるでしょうね。どちらが欠けても人本来の力は発揮できないのでは。ないですよ。考え過ぎです。勘はあくまで勘であって、思考と関係ありません。あとづけで思考と勘を関連付けたりするのは、因業者のハッタリです。一応、昔流行ったアフォーダンスとか認知心理学とかの文脈で語るなら、考えてる暇があるぶん、知性勘が怠けてると言うことはできそうです。いまさっき固有名詞にカッコ書きするかどうか考えましたが、バカバカしいのでそのままにしました。網羅する必要ないと思ったんです。勘で。わけわかんねぇよ!とか言われたら、勘が外れたことになります。思考力は、おもに論理能力を、測ります。直感は、空間と時間の認識が、典型です。100才くらいになると、ほとんどの人が、いつもの昼寝から起きた時に、いつもの時間でないと、朝と夕方まで、間違えてしまいます。冷蔵庫を開けて、まだ一杯なのに、たくさん買物をして、冷蔵庫に入らずに、腐らせてしまいます。 空間であれ時間であれ、量の見当がつかなくなります。論理能力では、条件節の使用や理解が、不能になります。だいたい、論理能力と直観能力は、乳幼児期の発達にしても、老人の痴呆にしても、足並みを揃えているのが、普通です。 他人と比べて、論理と直観の、能力のバランスを欠いていると、そのことだけで、精神疾患でないかと疑われます。 論理と直観が、正反対の、反比例するような能力に、感じられる人は、知能が低いかも知れません。論理も直観も、瞬間的にわかる能力でして、論理能力のほうを、じっくりと考える能力と思っている人は、おそらく、論理能力が低い。たとえば知能検査の問題を読み、瞬時に答えがわからなければ、たぶん、1日考えようが、1生考えようが、わからない可能性が高い。一部は、ゆっくりと考えればわかりますが、ほとんどは、ゆっくりと考えても同じですので、知能検査は、制限時間があってもなくても、あまり成績が変わりません。 センター試験の国語の読解力問題を、読めば瞬時に答えがわからなかった人は、一生懸命考えても、さほど点数は変わりません。論理能力は、色覚能力と同じで、瞬時に片付く能力です。一部は、確かに、夕方の物の色のように、ゆっくりと考えれば、何色かがわかって来ますが、ほとんどは、瞬時にわからなければ、考えてもわかりません。 というわけで、論理能力と直観能力は、似たり寄ったりの扱いをするのが、普通です。 ただ、思考力は論理能力だけでなく、経験知識による思考もありますので、経験して知識を積み、身体が老化すれば、わかってくることも、少なくありません。 直観に至っては、空間や時間だけでなく、感覚のような直感は、すべて直観ですから、腰が痛いという老化した感覚のせいで、思考がにぶくなることもあれば、老化と腰痛の経験により、思考が豊かになることもあります。一般に、経験が豊富になり、思考が円熟すれば、感覚は、老化により、にぶくなります。論理能力は、年をとれば衰えます。1才くらいが、論理能力は最高と、言われています。あると思います。あなたの言う思考力が、論理的で意識的なものであれば、直感無意識的処理の働きは局所的に鈍るでしょう。感情の働きも同様です。これは詐欺師が利用します。※情緒的な話をするコトで、論理的思考力を鈍らせようとする手口です。───────────────細分:ここで言う直感とは、経験によるパターン認識の話です。パターン認識とは、知覚内容から様々な要素を認識する機能のコトです。※これは経験の中で認識するものであり、事実を認識する機能ではありません。大抵の場合の論理的思考は、枠を小さく見積もり過ぎているコトが多いので、事実性が弱いのです。※大きな視点で見れば、枠の小さな論理的思考は、非論理的だとされるでしょう。↑↑枠の大きな論理的思考をすれば良いでしょう。───────────────良く作家が集中していない時[風呂、散歩、ベッド]などで発想が出ると言いますが、これも直感と論理的思考に関係があると考えられます。直感[無意識的]と論理的思考[意識]の程度を切り替えるコトを訓練すれば、これは能動化出来ます。───────────────ニジノソト本当の勘は出難くなるでしょう。無念夢想の時が、宇宙エネルギー閃き?勘を受信し易いです。勘が正しいならギャンブルで常勝できるだろう。そうじゃないなら勘は「あてにならないもの」だ。あてにならないものの働きに期待するのが間違い。そんなものどうなっても構わないだろ、しっかり考えろ。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*