Pichori 昔の火縄銃は薬莢レスだったのに今のは一発

Pichori 昔の火縄銃は薬莢レスだったのに今のは一発。ケースレスは難しいんですよまあ、大砲みたいに保存環境のいいところなら装薬と弾頭を分けることもできますが今度は連射が難しくなりますHKはG11でケースレスに挑みますがひとつは、装薬に対する湿気防止がうまくいかなかったもうひとつこれが重要なんですがケースは熱を持って、発射熱を銃の外に持ち出してくれる役を担っていますケースレスにすると銃にすべてこの熱が伝わるので放熱のための工夫は必要になりますこれは銃の大型化を招いたり、構造に制約をもたらしますので結局、ショルダーウエポン程度なら薬莢式がなんとなくうまくいくみたいです薬莢にもいろいろ役割があります1。昔の火縄銃は薬莢レスだったのに、今のは一発撃つと薬莢が1つ無駄になりロスが大きい 火薬と弾丸をそれぞれ別に充填し、発射時にそれぞれ薬室に供給する仕組みを作るのは難しいのかな 単位体積あたりの装弾数が増やせるはずなので効率的だと思います弾の話。昔?GUN誌のレポーターがトリプル?チャージ火薬の標準量の三倍を詰めた
カートリッジの事。薬莢は同じ大きさだが標準的には火薬は薬莢の容積但し?/
~/はブラス真鍮ですので?%プラや紙製ではありません?%のプラ製
や紙製では雷管が付けられませんものネ?ヨーロッパで火縄銃?フリント
ロック火打石式銃?パーカッション雷管式銃と発展します?西暦年
はじめ年の暮れだったかもにコルトが発売したマルチ?ロード?
リボルバー正式名称「

Pichori。構造が複雑で高価なためマッチ?ロック式に変わる火器ではなかったようです。
年。鉄砲伝来 火縄銃 インドのゴアフランスの。カシミール?ルフォシオ
が最初の金属薬莢ピン?ファイアー式を開発。年に
開発 サミュエル?コルトは。船の巻き上げ機の構造から弾倉だけが回転して銃身
が1本でよいリボルバーを思いつき。リムファイアーは。銅製の莢底の周囲に
雷汞らいこうを流し込み固めた薬莢で。莢底の縁のどこを撃っても撃発しました
。銃弾の進化と変遷。目次戦列歩兵を生んだ先込めの銃弾円錐弾の登場ミニエー銃とライフリング薬莢
の登場ドライゼ銃ピンファイア式の銃弾ロケットボールとセンターファイア実現
しなかったケースレス弾 戦列歩兵を生んだ先マスケット銃は一発撃つと。次の
発射まで時間がかかるため。撃ったら後は銃剣を使って戦うというしかない戦列
歩兵というなお。射程距離と精度のほかに。これまで頭痛の種だった装填時間
の短縮にも。この弾は成功したのだそうです。, , , , ,

新?火縄銃。銃器の弾に。いまでは薬莢を使うのが当たり前ですが。それを火薬で兼ねたもの
が『ケースレス弾』になります。 薬莢分だけ重量と容量がもともと火縄銃
というのは。一発撃つごとに銃身内を掃除の必要あるし? つまり―― 中折れ
させ銃の基礎知識。年平成 年月日 から月日 にかけて起きた。愛知県長久手町
立てこもり発砲事件で使用されたのが。スペイン製の口径回転式拳銃 ルビー?
エクストラとみられる。押収時は実弾発が装填されており。他にも実弾発と
薬莢

ケースレスは難しいんですよまあ、大砲みたいに保存環境のいいところなら装薬と弾頭を分けることもできますが今度は連射が難しくなりますHKはG11でケースレスに挑みますがひとつは、装薬に対する湿気防止がうまくいかなかったもうひとつこれが重要なんですがケースは熱を持って、発射熱を銃の外に持ち出してくれる役を担っていますケースレスにすると銃にすべてこの熱が伝わるので放熱のための工夫は必要になりますこれは銃の大型化を招いたり、構造に制約をもたらしますので結局、ショルダーウエポン程度なら薬莢式がなんとなくうまくいくみたいです薬莢にもいろいろ役割があります1.弾と火薬をまとめておく言わずもがな2.弾と火薬を、燃焼しやすい状態にまとめておく薬莢底部に火源となる雷管を設置し、また薬莢内部に相応の空気が入ることで装薬を適切に燃焼させます3.弾と火薬を、装填しやすい形状にしておく薬莢は薬室に滑り込ませやすく、また滑り込ませたらすぐさま所定の位置に納まるため、迅速な装填ができます4.熱を受け止める薬莢が無きゃ薬室が直に温まります、温まり過ぎたら暴発が起こります5.薬室を密閉する薬莢がちょっぴり膨らむことで薬室がより確実に密閉されますこれを無駄だからなくそうというのは、「缶コーヒーは本日から紙パックにします」と言うようなものですホットにしたらクソ熱くて持てたもんじゃないし、紙パックを自販機で落っことしたら最悪衝撃で破裂しますわなむしろ金属薬莢が実用化されたからこそ規格品を大量に生産できる技術と工業力が確立されたという背景も忘れてはならないが圧倒的に効率的な銃器の射撃が可能になりました……。銃に火薬と弾丸を個別に装填していた先込め式の時代が数百年続いた後に最初の薬莢式弾薬が開発されてから手動による連発銃を経てわずか半世紀程で機関銃が出現した事から、薬莢の利点が解ると思います。過去には弾丸の中に雷管と発射薬を装填したロケットボールと呼ばれる弾丸が作られた事もありましたが、これも性能面で金属薬莢を使う弾薬に及ばず、普及しませんでした。確かに大量に消費される薬莢は資源の浪費とも言えなくもないですが、現在までの実績や普及の度合いからみて余程の技術革新が起きるまでは当面、現在のような弾薬を撃つ銃器が使われ続けるでしょう。そのためにね、昔から液体装薬って研究されているんですけど。エンジンみたいに、液体の燃料を1発ごとに注入する。いや、戦車や軍艦ならともかく、手に持つ銃では、薬莢つかうほうがコンパクトになりそう。で、何十年も前から研究されてるんだけど、なかなかうまくいかない。電磁砲のほうが早く実用化されそうですね。弾丸は、弾頭、炸薬火薬、雷管、薬莢で構成されています。火薬を単体で保管するには、火気厳禁、水濡れ湿気厳禁と、保管や運用に注意と手間暇がかかります。火縄銃は次弾装填に時間が掛かり、雨や、湿地帯では運用できない弱点があり、弾丸と火薬を紙で巻いたものを詰める方式が発明され、点火源に火縄でなく火打石、雷管と進化して、これを金属の筒に一体化したカードリッジ方式へと進化したのです。オートマチック式の銃の場合、発射の反力やガス圧により、スライドやボルトを後退させて排莢を行い、スプリングで戻る際にマガジンから次弾を供給できます。質問主さんの案を採用するとなると、弾丸と火薬それぞれの供給装置とマガジンが必要となり、発火源としてスパークプラグを使ったとしても、電源が必要となります。しかもそれを整列させて、火薬を定量供給となると、かなり複雑な機構となり単位体積当たりの積載量が下がります。複雑な機構は故障率の増加や、整備性の悪化ともなります。弾丸を加速するためには、火薬の爆発が前方向だけに向かわなければなりませんが、薬莢が薬室にはまり込むことで、側方と後方への爆発ガスの逃げを防止できますが、カートレスでは薬室とボルトorスライドを完全閉鎖するのは難しく、火薬カスが溜まると閉鎖不良を起こします。火薬を樹脂などで固めて弾丸を埋め込んだケースレスカートリッジも研究されていましたが上記理由などで失敗に終わってます。結果、単位体積当たりの装弾数は減り、機構が複雑になり安定性や整備性に欠け、天候や運用できる地域が限定される信頼性の低い銃器になります。貴方はそんな武器を渡されて戦地に赴けますか?銃と薬莢式の弾丸さえあれば天候地形に係わらず運用できる現在の銃器とどちらを選びますか?単位体積当たりの装弾数を増やすとなると、弾丸だけで運用できるレールガンなどが考えられますが、電気が無いと使えないので、バッテリーを含めると個人が携帯できるサイズにはできないでしょうね。ちなみに薬莢1個当たりの価格は数~数十円程度です、潰れてなければリロードで再利用もできます。銃が複雑になり高価になり信頼性が下がることを考えたら、どちらがロスですか?H&K G11の話は出ちゃっていて二番煎じ恥>一発撃つと薬莢が1つ無駄???ロス???無駄?ロス、の定義によります。使用済み薬莢をサイズ調整発射の熱と圧でふくらむ?雷管つけて火薬装填、タマを乗っけるとまた使えます。リローディングです。アメリカで拳銃弾の安いもので薬莢、日本円で1個3円。アフリカ中東ではこれを集めて鍋釜を作ります。AK47のはスチール、欧米のは真鍮製。それと、AK47の7.62mm弾って、新品でもアメリカで1発20円ちょっと。中東では?>昔の火縄銃???大昔、映画「アラモ」でリチャード?ウィドマーク演じるジム?ボウイ大佐が、火縄銃ではありませんが7本銃身のノック?ボレー?ガンを死の最後にぶっ放したのであります。連射はできない、のです。ボレー=斉射です。全薬莢を回収している自衛隊がリロードしているかどうかは不明です。>火薬と弾丸をそれぞれ別に充填し、発射時にそれぞれ薬室に供給する???これは口径5インチ以上の火砲では昔~現代、ふつうです。>昔の火縄銃は薬莢レスだった薬莢というアイデアが無かったからね。そして再装填にも手間がかかりました。今の戦闘ではそんな悠長な事してられません。話はざっくり省いて誕生したのが薬莢式の銃器です。>単位体積あたりの装弾数が増やせるはずなので効率的だと思います弾丸と装薬を別個にするとそれぞれの弾庫と給弾機構が必要になるよ。別々の弾庫ってその分重量増になるし、弾?装薬どちらかの弾庫を失くすと撃てなくなる。大砲なら兎も角、歩兵が持つ銃器では非効率この上ないですね。先に回答している方が既に書いておられますが、薬莢を失くそうという試みは結構古くからされていましたが、薬莢には単なる装薬の入れ物というだけでなくいろんな機能が詰まっているのでケースレス弾薬開発は難航しています。試作レベルでは何とか出来ても実用レベルには程遠い代物です。大砲なら燃焼薬莢とか装薬別装填とかやってるんですが、装薬別だと弾と装薬の保管場所等が必要になるので「単位面積当たりの装弾数が増える」とは言い難い構造になっちゃいます。銃の仕組みを知ってるなら、それがどれだけ不可能なことか薬莢がどれだけ効率的なのか考えればわかるでしょう?銃でなく砲の分野では、弾頭と別に液体の発射薬を充填する液体装薬という技術が研究されていますが、これは薬莢の節約のためではなく射程距離の調整のためです技術的にも難しく、採用される目処はありません150mmクラスの野砲や120mmクラスの戦車砲はそんな感じです。hk11だったかな。ケースレスの小銃を開発しましたが、弾薬の扱いが難しく、水に弱く、劣化も早く使い物にならなくて消えていきました。要は火縄銃はデカい薬莢みたいなものですからねぇ。撃つ度に空になる。で、毎度毎度その中を掃除して火薬と弾薬を装填する必要があったので、この作業に時間がかかることが弱点であり、それを克服する為火縄銃自体を小型化したようなものを銃の中にいくつも入るようにしたのが薬莢ってものに繋がってくるかと。で、薬莢の物理的ロスよりも再装填時間がかかることの方がデメリットが大きいので、薬莢のシステムが今日まで銃に使われていると言う事でしょうね。別々に供給するのは火薬のカスが銃内に蓄積されていくので実用的ではないと思います。昔の火縄銃同様、毎度銃を開けて中を掃除しなきゃならないですね。薬莢ならそのカスを空になった筒ごと一瞬で捨てられちゃうわけです。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*